みつもり歯科医院 矯正 歯を抜かない 8時間 SH療法 取り外し式

みつもり歯科医院では、矯正相談を無料で行っています。歯並びや見た目などでお悩みの方は、まずはお気軽にご相談下さい。


SH療法の症例 みつもり歯科医院 矯正 歯を抜かない 8時間 取り外し式

まずは症例から見てみましょう。

【症例1/乱杭歯のSH療法】

矯正の症例

上記症例の説明

症例は9歳の男児です。歯並びをきれいにしたいとのことで来院しました。叢生ですがご両親にはいわゆる「出っ歯」になるのを心配されていました。

上下ともに前歯部は乳歯の段階からすでに歯列不正。永久歯前歯も乱れてしまい、犬歯が出てくるすき間はほとんどありません。前歯は歯ぐきの位置が段違いになっていています。臼歯部は内側に傾斜していて歯列は狭い、いわゆる狭窄歯列弓です。

おそらく食べ物をかみつぶすことはできても、すりつぶすことはできないでしょう。この状態では将来の健康に不安があります。


【上記症例の説明】

症例は初診時から3年4か月後までを比較したものです。

治療費用:523,000円(税別)

治療内容:写真からわかるように全体の歯は内側に倒れているので、歯を起こしてスペースを確保する必要があります。取り外し式のSH装置を使って治療を開始しました。開始2年8か月後には永久歯が並ぶスペースは確保されています。また下の前歯のデコボコは歯が並ぶにつれて、歯ぐきの高さがそろってきています。もちろん歯周ポケットも正常で問題ありません。この後、アーチを整えながら12歳臼歯がかみ合うまで経過をみる必要がありますが毎月の管理でなくても問題ありません。治療後の顔貌に違和感はなく、むしろすっきりした輪郭になっています。

 


【SH療法で生じるリスク・副作用等について/スクロールします】

SH療法では基本的にむし歯はできにくいですが、SH装置を装着する直前や装着中に飲食をするとリスクが高まります。飲食後は歯をみがいて口の中を清潔にしたり、飲食後1時間ほどあけてからの装置の装着が望ましいです。お忙しい環境の方はなかなかそうはいかないことが多いですが、できるだけ心がけていただければと思います。

SH療法開始時は装置を朝外すと前歯が浮いて食べ物が噛みにくい症状がみられますが、30分から1時間ほどで消退します。食事ができないほどの激しい痛みは生じないことがほとんどです。

SH療法は装置の装着時間が短くなったり、正しく装着しないと矯正が思うように進まみません。そのために治療期間が長期になり、費用もかさみます。推奨している8時間装着をできる限りお守りいただくことで早く治療を終えることができます。

SH装置には金属が使われています。それによる金属アレルギーの疑いが生じた場合は、皮膚科や口腔外科で原因を特定する必要があります。当院ではまだそのようなケースはありません。


矯正 歯を抜かない 8時間 取り外し式 SH療法
取り外し式装置の新しい歯科矯正 SH療法
クリックすると拡大します
SH療法 料金
クリックすると拡大します


【お願いとご注意】

  • 費用は変わる場合があります。直接来院して診断、治療計画をしたうえで決まります。
  • SH療法の管理は基本的に1か月に1回です。
  • 定期的なSH装置の管理・調整で十分な効果を発揮し、その結果治療期間も短くなります。
  • 早く終了できるよう、装置の8時間以上の装着をお願いいたします。
SH療法の症例はこちら
その他の症例はこちらをタップ

ここからはSHTA(SH療法研究会)の講演で会員にお伝えしているセミナー内容のほとんどを掲載しています。

矯正 歯を抜かない 8時間 取り外し式 SH療法

★SH療法の基本①


★SH療法の基本②

SH療法では基本的に抜歯をしません。すべての歯にはそれぞれ役割があり、不要な歯はないからです。

写真の矯正未経験の18才男性のような正常な歯並びがまさしくSH療法目指す個性正常咬合と一致します。

★SH装置とSH療法で広がるとところ

取り外し式のSH装置は写真のようなスプリングや維持装置などいくつかのパーツからできています。

基本的には装置は子供も成人も同じ構造で、同じパーツからできています。

よく広げちゃうとサルやカバのような顔になってしまうという話が聞こえてきます。

しかしSH療法で変わるのは歯列だけです。残念ながらアゴを大きく広げたくても広がりません。

このあと症例が出てきますが、SH療法を受けた方は左右でしっかり咬めるようになって、ゆがみが少なくなりお顔はむしろすっきりしてくるようです。


★sh療法が開始できる口の状態と年齢

SH療法の治療開始時期の目安は上の前歯が4歯、下の前歯が4歯が生えてきた頃です。年齢的には7-8歳になります。ご本人もご家族も歯列不正がご自分の目で確認できるからです。歯の生える時期の個人差は大きいので、実際にはお口の状態を診て判断します。ご負担にならないようあまりに早い時期からの治療はお勧めしません。ほとんどのケースがこの時期からのスタートで十分です。

★SH療法ができる年齢の上限・限界はあるのでしょうか?

原則、治療開始時期・治療対象年齢をいません。何歳になっても始められます。

当院のSH療法経験者の最高齢は72歳ですが、小児と同じようによい結果が出ています。

SH療法はいついつまでに治療を終わっていなければならないといった年齢の限界はありません。他の治療法では犬歯が生えてくるまでとか、10歳までにとか、小学校の間にといったことをよく聞きますが、SH療法では装置の装着時間が十分であれば問題なく治療がすすみます。SH療法で思うように効果が出ないのは、お子様であれば塾・部活・テスト・遊び等、成人であれば仕事、お付き合い等で装着時間が8時間に満たなくなってしまった場合がほとんどです。


★SH療法の適応ではない、得意ではない、できないこと

部分矯正には向きません。その理由は、例えば前歯に歯列不正があっても、その原因が奥歯が内側に倒れているために歯が並ぶスペースがないからです。SH療法はお口全体の歯並びとかみ合わせを改善する治療法です。

すき間のある歯並びはSH療法の対象ではありません。便宜抜歯しますと当然歯列にすき間をつくることになりますので対象外になります。他の方法で治すことをおすすめします。


  • 患者さんの:「歯列不正の程度」「環境(食事、癖など)」「生活のスタイルやリズム」「SH療法の理解度や協力度」「性格」
  • 術者(歯科医)の:「知識や技術の程度」
  • その他:「患者さんと医療者のコミュニケーション」などによって治療の進み具合は大きく変わります。以上の点から期限を決めて終わらせるといった確約が難しいことをご理解ください

★この項のまとめ

様々な矯正にはそれぞれ利点欠点があります。ここに書いてない様々なことがあります。ご自分のライフスタイルや性格を考慮にいれ、SH療法と他の矯正とをじっくり比較し、さらにそれぞれの医院で実際に説明をお聞きになって、ご自分に合ったより良い治療法をお選びいただくのがいいのではないかと思います。


★ここから症例をみてみましょう。

★こども(歯の生え変わりの時期)のSH療法症例

矯正 SH療法の症例
画像をクリックすると移動します
SH療法の症例はこちら